Japanese Translation of EVOLUTION NEWS & SCIENCE TODAY

https://evolutionnews.org/ の記事を日本語に翻訳します。

進化

特定された複雑性を簡潔に: 歴史的背景

何が起こって科学コミュニティの主流における特定された複雑性の運命が変わったのでしょうか?インテリジェントデザイン運動が起こりました。

進化は私たちに自由意志を与えることができただろうか?

ある片隅からは、自由意志は物質化されれば、あるいはお好みなら「進化させられれば」、存在し得るだろうということが聞こえてきます。

ツアー-クローニン討論: カリスマが勝利を収めるのか?

ツアーはラウンドテーブルで過度に攻撃的だったのでしょうか?このイベントを視聴し、そして再視聴した私は、そのようなことはまったくなかったと思います。

生命の起源について、インテリジェントデザインが主流科学に与える影響の尺度

ザビエル博士はIDを拒絶していますが、IDの本は「人々が無かったことにしようとしているたくさんの疑問を本当に暴露している」ので、「できる限り全員」に推薦しています。

もう1つの言論戦: ハーバードでのジム・ツアーとリー・クローニン

ツアーは怒鳴りませんでした。彼は誰も 「愚か」とは呼びませんでした。彼は決してクローニンを「悪い化学者」と呼びませんでした。そして、ツアーの科学的な挑戦はまったく合理的なものでした。

自然の驚異 — 2人の科学者の物語

チャールズ・ダーウィンは「荘厳」への感受性が自身の内で萎縮したことに気づいたと記述しました。

ハーバードでのクローニンとツアー: 研究者たちがデザインを理論に紛れ込ませる方法

クローニンは、生命の起源を理解するための枠組みとして「アセンブリ理論」を提示しました。私は、彼の意図しない方向で彼は正しいと信じています。

化石の金曜日: 恐竜が鳥の祖先であることを否定する新たな証拠

鳥類の想定される祖先が二足歩行の恐竜であるというものほど、一般の人々の間で人気となっている進化生物学の仮説はほとんどありません。

システム生物学が生命の複雑さを解読する — CELSからの報告

クジラの「痕跡的な」骨盤骨という大切にされてきた進化論的物語は、信用を失った進化のイコンの増大する山に加わっています。

ヒトの痕跡器官: ダーウィン的思考におけるいくつかの矛盾

これらの器官のうち前腎は、ヒトは「正真正銘の歩く古美術館」であるという主張の傑出した例証とされていました。

クローニン-ツアー討論についていくつか思うこと

化学的・生物学的進化論の無誘導過程の下で、生命とその活動を明確に識別する複雑さの閾値があることは期待されるべきなのでしょうか?

今すぐご覧ください: ハーバードでのツアーとクローニン

なによりも、リー・クローニンが姿を現したことを大いに支持します。勇気が要ることでした。彼は私の称賛を勝ち得ました。

科学の進歩を促すのはダーウィニズムではなくインテリジェントデザイン

このリストは、科学が知識を生成するのをインテリジェントデザインが助けている様々な分野を示している。

生命の起源についてのポール・リマーの見解のさらなる科学的問題

自然発生する自己組織化は生命システムの秩序とは根本的に異なります。

ベーエの仕事についてファリーナに答える: 『Darwin Devolves』

ファリーナ氏は独り善がりな慇懃無礼さと恩着せがましい態度にもかかわらず、ベーエ博士の命題へのに対する信頼できる批判を行うことができていません。

インテリジェントデザインにとって傑出した1年

私はデザインについての真実が個人の人生に及ぼす影響を何度も直接目にしました。最近、カリフォルニア大学バークレー校で、私は創造者の証拠について話しました。

生命の起源: ケンブリッジの宇宙化学者ポール・リマーがツアー-ファリーナの討論を分析する

ツアーとリマーの見方の違いは、その出発点における前提の違いに起因しています。

ベーエの仕事についてファリーナに答える: 『The Edge of Evolution』

ファリーナが実際にベーエの本を自分で読んだことがあるのか、それともレンツなどの他の人に頼っているのか、疑問に思います。

金曜日の基礎知識: インテリジェントデザインの論理

スティーブン・メイヤーや他のインテリジェントデザイン理論の推進者は、しばしば「隙間の神」の誤謬を犯していると非難されます。

モラン: スタンバーグとベーエは「彼らに反対する者たちよりも進化について知っているようです」

選択の要点は、「運」がすべての仕事をする必要がないように、偶然の変化の伝達にバイアスをかけたり、方向付けたりすることでした。

ノックアウトと欠失はなぜ機能推定に不十分なのか ― 細胞の「ヴォールト」の謎

先日、UPSがラリー・モランの新刊を1冊届けてくれました。モランはインテリジェントデザインの反対者としてよく知られています。

生命の起源について、化学者ジェームズ・ツアーはこれらの研究者たちのブラフを宣言することに成功した

ツアーは、デイブ・ファリーナのようなYouTuberたちによる、生命の起源へのこれらのハードルが完全に対処されているという虚偽の主張に応じて、この挑戦を発しました。

ベーエの仕事についてファリーナに答える: 細菌の鞭毛

この動画ではベーエの「機械関連の用語の不誠実な使い方」に苦言を呈しています。ファリーナは、鞭毛のコミュニティ全体を不誠実だと告発するつもりなのでしょうか?

リー・クローニンに困惑しているのは私だけではないようです

鏡による錯覚のいたずらをご存知でしょうか。皿の中に何か物体が置いてあり、取り上げられそうに見えるのに、手を伸ばしてもそこには何もありません。

これがインテリジェントデザインの意味するもの (そして意味しないもの) です

ID支持者の中には、普遍共通祖先に同意する人もいますが、ID支持者の多くは、すべての生命が共通の祖先を共有するという考え方に反対しています。

生命の起源: 10人のトップ研究者へのジェームズ・ツアーの刺激的な60日間の挑戦

誰かがこの挑戦が不公平だとか、あるいはその分野と関係がないとして、理由を説明しようと試みるかもしれません。そうするのは非常に難しいでしょう。

ベーエの仕事についてファリーナに答える: 還元不能な複雑性

最初の証拠は、Escherichia coliを使ったリチャード・レンスキーの長期進化実験で、約33,000世代 後に、細菌の細胞がクエン酸塩により増殖する能力を進化させました。

いいえ、インテリジェントデザインはアナロジーによって推論していません

生体系にも機械を見ることができます。細胞や生体系全体が「機械」であるとは言いませんが、そこには機械が確かに含まれています。

インテリジェントデザインの自然主義的いとことの出会い: アセンブリ理論

概念的な類似性や並列性に気づいたとき、それを強調しないのは私たちにとって怠慢になるでしょう。

デイブ教授の子供じみた嫌がらせと電撃的引用ブラフを暴く

深刻な問題が未解決のままであるかは、時には科学的に掘り下げてみないとわからないことがあるのは事実です。