Japanese Translation of EVOLUTION NEWS & SCIENCE TODAY

https://evolutionnews.org/ の記事を日本語に翻訳します。

物理学、地球と宇宙

唯物論の限界を感じ始めた生化学者

私は少々驚かされました。彼の言う「生命の一般的性質」が科学的分析に屈服したとはどういう意味でしょうか?

天体物理学者ポール・サッターより — 多元宇宙の狂気!

私は、「多元宇宙的思考」が科学的論理を破壊すると論じたことがあります。私の論議には、化学工場がある町の仮想の「がんクラスター」が関係しています。

天体物理学者: 「生命が最初にどのようにして、どこで、なぜ出現したのか、我々はまだ知らない」

インテリジェントデザインとのつながりが何もなくても、この論点をこれほど明確に捉えている科学者をまた一人見つけたのは喜ばしいことです。

ロジャー・ペンローズとファインチューニングについて付け加えること

ペンローズは、私たちの宇宙で見られるようなファインチューニングがなくても、ひょっとすると何らかの非常に異なる種類の生命は存在し得たかもしれない、ということだけをデザインに代わるものとして提示しています。

ファインチューニングにもかかわらず、ロジャー・ペンローズはインテリジェントデザインについて「不可知論者」である

ほぼすべての自然の基本的なパラメータに極小の変化があっても、安定した星のない宇宙、あるいは星がまったくない宇宙につながったでしょう。

ビッグバンは2つのテストを乗り切る

M92は、天の川銀河にある約160の既知の球状星団の1つで、約33万個の星を含むと推定されています。

新研究: 天の川銀河は例外的な存在

「天の川銀河のような銀河を伴う別の宇宙論的壁を見つけるには、天の川銀河から5億光年の旅をして、数多くの銀河を通り過ぎなければならないかもしれません」。

ETの遺物の探索はゾウを見逃している

NASAのジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が完全に稼働した今、地球外生命体発見の可能性が再び話題になっています。

アヴィ・ローブが方法論的自然主義と衝突する

ヨナ・ゴールドバーグは、ハーバード大学の天文学者アヴィ・ローブと、「Oumuamua, Alien Life & Fighting the Mainstream Science Community」について話し合いました。

インテリジェントデザインと宇宙のファインチューニング

ここと最近の2つの投稿で述べた要因が組み合わさって、「宇宙の居住可能年齢」はより狭い次元に制約されます。

神の仮説: スティーブン・メイヤーの本のタイトルを擁護する

メイヤー博士は、無神論者の陣営に入り、彼らの欠陥のある道具を取り上げ、彼ら自身の武器で彼らを打ち負かすということをしたのです。

インテリジェントデザインと惑星のタイミング

エンケラドゥスはとりわけ魅力的な事例です。現在、100個近い氷水の間欠泉が南極から超音速で噴出しています。

インテリジェントデザインの証拠としてのファインタイミング

デザインを示唆するのは、チューニングだけではないこともあります。時にはタイミングも重要です。

宇宙の始まりを回避するため、物理学者ポール・スタインハートは並々ならぬ努力を重ねる

スタインハートは、宇宙論において最も興味深く、影響力のある人物の一人です。彼はインフレーション宇宙論の最初の立案者の一人でした。

物理学者ザビーネ・ホッセンフェルダーが語るビッグバン宇宙論の代替モデルの欠陥

ホッセンフェルダーは、「私たちは科学そのものの限界に直面しています」と結論しています。そして、宇宙の起源の問題に「私たちは決して答えることができないでしょう」。

天体物理学者イーサン・シーゲルは、無から出る何かを売り込みます: 私は受け入れません

これを推進するためには、彼は「無」が意味するものについての通常の辞書的定義にかなり大きな変更を加えなければなりません。

科学誌がメイヤーの神仮説における重要な論議、宇宙に始まりがあることを再確認する

もし宇宙とその中のすべてのものが精神の結果であるなら、私たちは自然の意図しない偶然の所産ではないことになります。

地球の大気は、驚くべき生物中心的なファインチューニングを実証している

地球のような惑星で光合成を進めるためには、太陽光 (可視光) が大気を透過してはるばる地表に届かなければならない。

自然の明瞭性はどのようにデザインを指し示しているか?

アルバート・アインシュタインが、「世界の永遠の謎はその理解可能性である・・・世界が理解可能であるという事実は奇跡である」と言ったことは有名である。

ビッグバンとその宇宙的デザインへの示唆に抵抗する努力

予想できることだが、多くの学者たちは最も創造的な手段で「始まり」という結論を覆そうと試みた。

スパイダーマン、多元宇宙、そしてインテリジェントデザイン

スパイダーマンの新作映画では、多元宇宙が登場するだけでなく、プロット上でも重要な役割を担っています。

ポール・スタインハートのサイクリック宇宙論は、宇宙の始まりへの挑戦に失敗している

宇宙には始まりがあったという結論は、はるかに思考節約的で、証拠と一致しています。

著名な宇宙学者による宇宙の始まりを回避する別の試みが検証の結果崩壊する

現代における傑出した物理学者の一人であるロジャー・ペンローズは、宇宙が永遠に膨張し続けることを想定しています。

熱力学第二法則の根底にある原理

極めてありそうにない事象が禁じられるには、巨視的に (単純に) 記述可能でなければなりません。

私たちは特権的惑星に住んでいるのだろうか?

虹が美しいのはその通りだが、何かいいことがあるのだろうか?実際、虹は科学にとって非常に重要なものだった。

天体物理学者イーサン・シーゲルは宇宙の始まりを避けようと再び必死に試みる

もしこのモデルが妥当であれば、必要とされるファインチューニングのレベルは、始まりを取り除くことで避けようとしたものよりもさらに大きなデザインの証拠を提示することになるでしょう。

宇宙の始まりを説明する試みが空想と現実の区別をつけられなくなる

ここでは、宇宙の始まりを避けようとするもう一つの必死の試みを取り上げます。これは宇宙物理学者のポール・サッターによるものです。

大きな神話: 大きな宇宙は宗教にとって問題である

科学の自称スポークスマンは、何十億もの銀河が存在する宇宙が非常に大きいことを、キリスト教を叩く棍棒のように使うことがある。

批評家たちはスティーブン・メイヤーの新刊に (彼の名前を挙げることなく) 反応する

イーサン・シーゲルをはじめとする批評家たちは、メイヤーを「ハリー・ポッター」シリーズのヴォルデモートのように見ているようです。

宇宙、カオス、そして世界における特権的な住所

地球と宇宙の他の部分との間のこの根本的な不連続性を、私たちはどう考えればよいのだろうか?