Japanese Translation of EVOLUTION NEWS & SCIENCE TODAY

https://evolutionnews.org/ の記事を日本語に翻訳します。

バージェス: 骨格の関節における「貧弱なデザイン」の主張は、批判者の工学についての訓練の欠如に基づいている

This is the Japanese translation of this site.

 

ブライアン・ミラー
2022/9/14 12:00

 

ブリストル大学およびケンブリッジ大学の工学教授であるスチュアート・バージェスは、30年近くにわたって生体力学を研究してきました。彼は英国を代表する技術者の1人です。今年の初め、彼は科学と信仰に関するウェストミンスター会議で、「Why Human Skeletal Joints Are Masterpieces of Human Engineering: And a Rebuttal to the ‘Bad Design’ Arguments」と題する講演を行いました。彼は、人間の骨格の関節が工学の驚異であり、最適に設計されていることを実証しました。特に、彼は生物学者ネイサン・レンツの著書『人体、なんでそうなった?:余分な骨、使えない遺伝子、あえて危険を冒す脳』にある、手首と足首には役に立たない骨が含まれているという主張を論駁しました。

続きを読む

化石の金曜日: サヘラントロプス、二足歩行か否か

This is the Japanese translation of this site.

 

ギュンター・ベヒリー
2022/9/9 6:45

 

今週の「化石の金曜日」は、ヒト科の象徴的な化石であるサヘラントロプスを取り上げます。この化石は、しばしば人類系統の最古の代表と考えられていますが(スー、2013年; ストレイト他、2015年; スミソニアン協会、2022年; Wikipedia、2022年)、センセーショナルな発見以来、激しい科学論争の対象になっています (BBC、2002年; カスパーリ、 2002年; ハルトヴィヒ-シェーラー、2002年; ローチ、2002年)。

続きを読む

天体物理学者イーサン・シーゲルは、無から出る何かを売り込みます: 私は買っていません

This is the Japanese translation of this site.

 

ロブ・シェルドン
2022/9/19 6:57

 

天体物理学者のイーサン・シーゲルは、どのようにして「70年前の量子力学の予言が、無から何かが創造されることで実現する」のかを説明しています。

続きを読む

馬糞の中にポニーはおらず、コードの中に意識はない

This is the Japanese translation of this site.

 

ロバート・J・マークス2世
2022/6/24 6:39

 

編集部注: ディスカバリー研究所のブラッドリー自然・人工知能センターのディレクターであり、コンピュータエンジニアのロバート・J・マークスによる新刊『Non-Computable You: What You Do that Artificial Intelligence Never Will』の第1章からの抜粋をお届けできることを嬉しく思います。

 

AIには再現できない人間の特性がある。愛、思いやり、共感、悲しみ、幸福などの感情は再現することができない。理解力、創造力、感覚、クオリア、意識などの形質も再現できない。

続きを読む

計算不可能な人間

This is the Japanese translation of this site.

 

ロバート・J・マークス2世
2022/6/22 6:38

 

編集部注: ディスカバリー研究所のブラッドリー自然・人工知能センターのディレクターであり、コンピュータエンジニアのロバート・J・マークスによる新刊『Non-Computable You: What You Do that Artificial Intelligence Never Will』の第1章からの抜粋をお届けできることを嬉しく思います。

 

もしあなたがWikipediaを全部暗記したら、もっと賢くなるのだろうか?それは、あなたが知性をどのように定義するかによる。

続きを読む

科学誌がメイヤーの神仮説における重要な論議、宇宙に始まりがあることを再確認する

This is the Japanese translation of this site.

 

ブライアン・ミラー
2022/8/9 15:22

 

ティーヴン・メイヤーの『Return of the God Hypothesis』の主要な論議は、宇宙には始まりがあるということに重心を置いています。彼は、始まりは創造者の精神の結果として生じる宇宙を指し示していると論じています。メイヤーの『Return of the God Hypothesis』の主張には、サイクリック宇宙論モデルが始まりを回避できるという主張に対し、ボーデ-グース-ビレンキン (BGV) 定理に訴えることにより信用できないとすることが含まれています。彼の推論は最近、バッファロー大学の物理学者であるウィル・キニーとニーナ・スタインによって、イジャスとスタインハート (IS) の宇宙論モデルの分析において再確認されました。彼らはその結果を『Journal of Cosmology and Astroparticle Physics』に発表しました。

続きを読む

マンモスはデボリューションを支持する

This is the Japanese translation of this site.

 

マイケル・ベーエ
2022/8/15 6:37

 

科学が進歩すればするほど、ダーウィンはますます無惨な姿になります。

 

私は2019年の著書『Darwin Devolves』で、ランダムな突然変異と自然選択がデボリューションの強力な力であることを示しました。つまり、それらはすぐに遺伝情報の喪失につながります。なぜなら、多くの環境的状況において、ある生物種の運命は、既存の遺伝子を壊したり、鈍化させたりすることで最も早く改善できるからです。要点をつかむために、私は車の燃費を改善する手っ取り早い方法というアナロジーを使いました。すなわち、ボンネットを除去し、ドアを捨て、あらゆる余分な重量を取り除きます。それは車がより遠くまで行くのには役に立つかもしれませんが、車の特徴の数も減らしてしまいます。そして、今や捨てられてしまったそれらの部品が、そもそもどのようにしてそこに来たのかを説明していないことも確かです。

続きを読む