Japanese Translation of EVOLUTION NEWS & SCIENCE TODAY

https://evolutionnews.org/ の記事を日本語に翻訳します。

反人種差別主義者は、人種差別のこの非宗教的な根源をしばしば無視する

This is the Japanese translation of this site.

 

リチャード・ウェイカート

2022/5/10 13:42

 

今日、学者たちは、私たちの社会における人種差別を暴露する本を大量生産しています。2021年に学術系出版社から出版された3つの顕著な例として、アンシア・バトラーの『White Evangelical Racism』、ランドール・バルマーの『Bad Faith: Race and the Rise of the Religious Right』、J・ラッセル・ホーキンスの『The Bible Told Them So: How Southern Evangelicals Fought to Preserve White Supremacy』があります。NPRでは同じようなことを繰り返し聞けます。例えば、2020年7月のレポート「White Supremacist Ideas Have Historical Roots in U.S. Christianity」や、2021年中の多くのレポートで、「クリスチャンナショナリズム」に内在する白人至上主義について警告しています。

続きを読む

「デイブ教授」のファクトチェック: 「ダーウィニズム」という用語は本当に「創造論者」だけが使っているのか?

This is the Japanese translation of this site.

 

ギュンター・ベヒリー
2022/5/27 6:45

 

ダーウィニズム」は死語なのでしょうか?無神論者のYouTuberであるデイブ・ファリーナは、インテリジェントデザインを攻撃する最近のビデオでそう言っています。以前に書いたように、ファリーナのインテリジェントデザインに対する攻撃は、誤った情報やステレオタイプを再利用しているに過ぎません。「ダーウィニズム」についてのこの主張は、その良い例です。ファリーナは、「ダーウィニズム」という用語はもはや現代の科学者には使われておらず、「創造論者」だけが使っていると主張しています。

続きを読む

なぜAIは私たちを私たち自身から救うことができないのか - もし進化が何らかの導きであるなら

This is the Japanese translation of this site.

 

J・R・ミラー
2022/5/2

 

E・O・ウィルソン (1929-2021) は、その研究と著作に対して、2つのピューリッツァー賞を含む100以上の賞を受賞しています。ハーバード大学の教授として、ウィルソンは人類の進化と倫理に関する考えにより、世代を超えて影響を及ぼしました。

続きを読む

あくびが出ます: 無神論者のYouTuber「デイブ教授」がインテリジェントデザインについて暴言を吐く

This is the Japanese translation of this site.

 

ギュンター・ベヒリー
2022/5/25 6:35

 

デイブ・ファリーナは無神論者アメリカ人YouTuberで、「Professor Dave Explains」というチャンネルを運営し、約200万人の登録者がいます。彼のチャンネルによると、彼は「物事を説明するコツを知っており、・・・知識をいくらか共有したい」のだそうです。「デイブ教授」と名乗ってはいますが、ファリーナは大学教授でもなければ、博士号を持っているわけでもありません。彼は科学教育学の修士号を持っています。彼は、自分の外的人格として 「デイブ教授」を選んだのは、「あまり考えてのことではありません。正直なところ、ちょっとした冗談でした」と言っています

続きを読む

チューリングテストは非常に誤解を招きやすい

This is the Japanese translation of this site.

 

ゲイリー・スミス
2022/5/11

 

1950年、アラン・チューリングは、「機械は思考できるか」という疑問を、コンピューターがいかにうまく「模倣ゲーム」を行えるかというテストに置き換えることを提唱しました。男女が別々の部屋に入り、プレイヤーを識別するための質問に対してタイプライターで回答し、それぞれが互いに、自分が相手であると質問者に納得させようとするのです。チューリングは、コンピュータがプレイヤーの1人を演じた際に質問者が正しく識別することが不可能であれば、この実験は成功とみなすことを提案しました。このゲームには他のバージョンもあり、その中にはチューリングが提案したものもあります。今日の標準的なチューリングテストは、1人の人間と1つのコンピュータ、そしてコンピュータを識別しようとする1人の質問者が関係しています。

続きを読む

自然の明瞭性はどのようにデザインを指し示しているか?

This is the Japanese translation of this site.

 

ブルース・ゴードン
2022/4/1 6:34

 

編集部注: この記事は、新しく発売された書籍『The Comprehensive Guide to Science and Faith: Exploring the Ultimate Questions About Life and the Cosmos (English Edition)』からの抜粋です。

 

アルバート・アインシュタイン (1879-1955) が、「世界の永遠の謎はその理解可能性である・・・世界が理解可能であるという事実は奇跡である」と言ったことは有名である。同様に、数理物理学者のユージン・ウィグナー (1902-1995) は、「物理法則の定式化に数学の言語が適しているという奇跡は、我々には理解できない、受けるに値しない素晴らしい贈り物である」と述べている。

続きを読む

現実世界のデータとクロロキン耐性からの教訓

This is the Japanese translation of this site.

 

エリック・H・アンダーソン
2022/2/28 11:38

 

編集部注: 2020年に、マイケル・ベーエは自身のエッセイと批判への回答をまとめた『A Mousetrap for Darwin』を出版しました。生化学教授のローレンス・モランは、ベーエが証拠の解釈を誤り、クロロキン耐性の意義を誤解していると論じました。これは2部構成の回答の2つ目です。第1部はこちら、「進化は実際にどれほどのことを達成できるのか?」をご覧ください。

続きを読む