Japanese Translation of EVOLUTION NEWS & SCIENCE TODAY

https://evolutionnews.org/ の記事を日本語に翻訳します。

ハーバードでのクローニンとツアー: 研究者たちがデザインを理論に紛れ込ませる方法

This is the Japanese translation of this site.

 

ブライアン・ミラー
2023/12/12 6:22

 

最近、ハーバード大学で開催された起源の研究者リー・クローニンと合成化学者ジェームズ・ツアーによる生命の起源研究の現状についての討論を視聴しました。最も関連性の高い化学に焦点を当てたツアーのプレゼンテーションと、化学の詳細を完全に避けながら単にアセンブリ理論を説明したクローニンのプレゼンテーションを、ギュンター・ベヒリーがすでに対比させています。ここでは、ベヒリーの洞察力のある分析に基づき、無方向性の生命の起源についての信条を正当化しようとするクローニンや他の人達のすべての試みが、自然選択や自己組織化を装いつつ理論にデザインを紛れ込ませる方法を例証することにします。

続きを読む

化石の金曜日: 恐竜が鳥の祖先であることを否定する新たな証拠

This is the Japanese translation of this site.

 

ギュンター・ベヒリー
2024/1/5 6:45

 

今回の「化石の金曜日」は、ドイツのカールスルーエにある自然史博物館に展示されている白亜紀後期の鳥類、ヘスペロルニス・グラシリスの骨格標本と共に、鳥類の祖先について再考します。ヘスペロルニスは歯を持つ飛べない海鳥で、現代のペンギンにいくらか似ており、映画『ジュラシック・パーク』で知られるラプトル恐竜の一部と同時代に生息していました。

続きを読む

システム生物学が生命の複雑さを解読する — CELSからの報告

This is the Japanese translation of this site.

 

ジョナサン・ウィット

2024/1/10 6:45

 

学界のほとんどの生物学者は、インテリジェントデザインが盲目的進化に打ち勝つことを認めるくらいなら、いっそモルドールに落下傘で突っ込むでしょう。現代のダーウィニズムは、歴史的生物学に燦然と君臨するパラダイムです。しかし奇妙なことに、現在最も活発な実験生物学の分野では、生物学的システムは最適に設計されたものであるという見解が、作業的ヒューリスティックとして実際に採用されています。この活発な新アプローチであるシステム生物学は実り多いものであることが証明されたため、生物学研究グループにエンジニアとして参加し、それらのグループがエンジニアのように考えるのを助けてほしいという要望が高まっています。

続きを読む

ヒトの痕跡器官: ダーウィン的思考におけるいくつかの矛盾

This is the Japanese translation of this site.

 

ウォルフ-エッケハルト・レーニヒ

2023/11/28 10:43

 

人間の痕跡器官についての最近の記事で、私は2つの重要な点を議論しています。第一に、現在の進化論における最もひどい矛盾の1つについて、第二に、過去140年以上にわたって、ヒトの起源が下等脊椎動物であることの証明として、発生学のほとんどの教科書や論文で歓迎されてきたものの、存在しないことが最近「発見」されたある未発達器官についてです。

続きを読む

クローニン-ツアー討論についていくつか思うこと

This is the Japanese translation of this site.

 

ギュンター・ベヒリー
2023/12/6 14:47

 

最近、『Cambridge Faculty Roundtable』が、科学と生命の起源についての非常に興味深い討論会をハーバード大学で開催しました (下の動画をご覧ください)。主な参加者は、化学教授のジェームズ・ツアー博士とリー・クローニン博士です。ツアーはライス大学の有機化学者で、生命の起源研究の現状を率直に批判しています。一方、クローニンはイギリスの化学者で、化学的自己組織化と自然発生の分野の著名な研究者です。クローニンは、最初の生命細胞の実際の起源という歴史的に不測の出来事を説明するよりも、生命をボトムアップからリバースエンジニアリングし、人工生命を創造したいと思っています。

続きを読む

今すぐご覧ください: ハーバードでのツアーとクローニン

This is the Japanese translation of this site.

 

デイヴィッド・クリンホファー

2023/12/5 15:23

 

化学者ジェームズ・ツアーとOOL研究者リー・クローニンによる生命の起源についてのハーバード大学でのラウンドテーブルが今、待望の視聴可能になりました。2人の開会のプレゼンテーションに続き、他の参加者とのディナーでの対話、そしてパネル討論が行われます。この対話について、私たちの科学者たちの意見にご期待ください。私自身からは、いくつか思いついたことを述べておきます。

続きを読む

科学の進歩を促すのはダーウィニズムではなくインテリジェントデザイン

This is the Japanese translation of this site.

 

ケイシー・ラスキン
2023/12/15 14:44

 

インテリジェントデザインへの一般的な反論の1つに対して、IDの肯定的な事例は答えるのに役立つ。生物学者のケネス・ミラーは、キッツミラー対ドーバー裁判の証言の中で、インテリジェントデザインを「サイエンスストッパー」と呼んだ1。同様に、ミラーはその著書『Only a Theory』の中で、「デザインという仮説は、考えうるあらゆるデータと両立し、検証可能な予測をせず、新しい研究の道筋を提案することもない。よって、それは文字通りに行き詰まっている・・・」と述べている2

続きを読む