Japanese Translation of EVOLUTION NEWS & SCIENCE TODAY

https://evolutionnews.org/ の記事を日本語に翻訳します。

反論への回答:「インテリジェントデザインを測定することはできない」

This is the Japanese translation of this site.

 

ケイシー・ラスキン

2021/7/16 14:50

 

私が長年聞いてきたインテリジェントデザイン (ID) に対する反論の1つは、「インテリジェントデザインを測定することはできない」ので、IDは科学とは言えないと主張しています。反IDの国立科学教育センターの元所長ユージェニー・スコットは、彼女が「テオメーター」と呼ぶ仮想的装置がなければ、神が働いているかどうかを検出する方法がわからないと言っていたものです。デザイン論に同調する科学者の中にも、「試験管の中の物質の量を測るようにデザインを測る」ことができないなら、どうやってデザインを検出することができるのかと疑問に思う人がいます。

 

これらの反論に対する答えは、歴史科学のすべての理論を検証するのと同じ方法で、インテリジェントデザインを検証するということです。つまり、問題となっている原因 (この場合は知的行為者) の既知の効果を自然界で探し、この原因 (繰り返しますが、知的行為者) が観測されたデータに対する最良の説明であることを示すのです。この答えが少し専門的で不明瞭に感じられたのであれば、より理解しやすいように説明させてください。正確な定量的測定が、実際にデザインを発見するのに役立つことを見ていきましょう。

歴史科学が機能する方法

地質学、進化生物学、宇宙論、インテリジェントデザインなどの分野を研究する歴史科学者は、歴史を試験管に入れることはできません。私たちが現在、化学的に溶液中の物質の量を直接測定するように、過去に起こったことを測定することはできません。だからといって、科学的手法を使って過去を研究できないわけではありません。歴史科学 (過去に何が起こったかを研究する) と経験科学 (現在、物事がどのように作動しているかを研究する) では、異なる方法を使わなければならないということを意味するだけです。「試験管の中を直接測る」ことができないからといって、インテリジェントデザインが科学ではないと主張するのは、歴史科学の仕組みを誤解しており、インテリジェントデザインに不公平な基準を適用していることになります。

 

スティーブン・ジェイ・グールドは、歴史科学は「その結果から歴史を推論する」と述べています。ダーウィン進化論やインテリジェントデザインなどの歴史科学は、「現在が過去を知る鍵である」という斉一説の原則に基づいています。この方法論では、科学者は現在の世界で働いている原因を研究し、初期の有名な地質学者チャールズ・ライエルが言ったように、「地球の表面の過去の変化」を「現在働いている原因」を参照して説明します。

 

このように歴史科学の理論は、まず現代の自然界に働く原因を調べ、その既知の効果を理解することから始まります。そして、自然界に残された歴史記録を調べて、その既知の効果を見つけます。歴史記録の中に既知の効果が見つかり、その効果が現代で研究した原因によってのみ説明できる場合、その原因は過去に働いていたと推論します。

日常的な例

あなたが4WDのトラックでオフロードを走り、泥だらけになって帰ってきたとします。あなたはそのトラックを洗車場に置いて、1時間後に引き取りに来ました。洗車されたかどうかを判断するには、歴史科学の科学的手法をどのように適用すればよいでしょうか。洗車されていたら何が見つかるかを予測し、その予測を検証することができるでしょう。

 

例えば、洗車された車であれば、外装には大きな泥の塊は残っていないだろうと予測することができます。この予測は、単純な視覚的分析によって検証することができます。もし泥の塊がたくさん残っていたら、洗車されたという仮説は否定されます。また、より技術的な分析に着手することもできます。もし車が洗われたのであれば、塗装面に少量の石鹸の残留物が残っているはずだと予測します。車の表面から物質を削り取り、化学分析を行って、この仮説を確認したり否定したりすることができます。もし、車に泥の塊がなく、車の塗装に石鹸の残留物があれば、車が洗われたという肯定的な証拠となります。

 

歴史科学の理論であるインテリジェントデザインも、これと同じように機能します。

デザインの検出

インテリジェントデザイン理論は、他の歴史科学で一般的に用いられている科学的手法を用いて、宇宙や生物のある特徴は、自然選択のような指向性の無い過程ではなく、知的な原因によって最もよく説明されると結論づけるものです。知的行為者は、私たちの周りの世界で研究可能な「現在作動している」原因です。このように、歴史科学としてのIDは、斉一説の原則を採用しています。知的行為者がどのように作動しているかという現在の観察から始まり、その観察結果を、もし自然物がインテリジェントデザインによって生じたとしたら、科学者は何を発見すると期待すべきだろうかという肯定的な予測に変換するのです。

 

例えば、数学者で哲学者のウィリアム・デムスキーは、「知的行為者の主な特徴は、指向性のある偶発性、あるいは選択と呼ばれるものである」と述べています。デムスキーによれば、知的行為者が行動するときには、「競合する可能性の中から選択して」、複雑な特定の事象を創造します。このように、インテリジェントデザインについて信頼できる示唆を与える情報の型は、「特定された複雑性」または「複雑な特定された情報」、略して「CSI」と呼ばれます。

 

簡単に言えば、ありそうもないものは複雑であり、独自に導き出したパターンに一致するものは特定されるということです。CSIを使ってデザインを検出するにあたり、デムスキーはIDを「情報の理論」と呼び、「情報はデザインの信頼できる指標であると同時に、科学的調査の適切な対象となる」としています。ID理論家は、自然物を研究して、我々の経験上、知的原因から生じるタイプの情報を持っているかどうかを判定することで、デザインを積極的に推論します。

 

人間の知能は、知的行為者がものをデザインしたときに何が産出されるかを研究するための、大きな経験的データセットを提供します。例えば、言語、コード、機械などは、いずれも高いCSIを含む構造です。私たちの経験では、これらは常に知的精神に由来しています。人間の行動を研究することで、知的行為者が働いたときに何を見つけると期待するかを理解することができ、自然界にインテリジェントデザインが存在する場合に何を見つけるはずかについて、肯定的で検証可能な予測を立てることが可能になります。このように、CSIが高いということは、知性が事前に働いたという信頼できる示唆を与えます。

物質的原因の排除

知的行為者の既知の影響 (すなわち、高いCSI) を見つけることは、インテリジェントデザインの検証可能な予測を満たし、IDが科学的証拠によって肯定的に支持されることを示しています。しかし、インテリジェントデザインがある特徴に対する最良の説明であるという結論を補強するためには、他の物質的原因を排除し、デザインだけがデータを説明できることを示す必要もあります。ID理論家たちは、そのための方法を開発してきました。

 

ウィリアム・デムスキーは、物質的原因を排除する方法の一つとして、ある事象が機械的に起こる可能性が「普遍的確率限界」と呼ばれる値以下であることを示すことを提案しました。普遍的確率限界とは本質的に、既知のすべての確率的リソースを考慮した場合に、宇宙の歴史の中で起こりうる事象の最大数を推定するものです。これは、宇宙の全歴史において、すべての素粒子がプランク時間の単位ごとに相互作用しているという寛大すぎる仮定を物質的メカニズムに付与します。デムスキーはジョナサン・ウィットとの共著『Intelligent Design Uncensored』の中でこの概念を説明しています。

 

科学者たちは、既知の物理的な宇宙の中に、約1080個の素粒子があることを知った・・・。科学者たちはまた、物質のある状態から別の状態への変化は、物理学者がプランク時間と呼ぶ時間よりも速くは起こらないことも知った。・・・プランク時間とは、1秒を1045 (1の後にゼロが45個続く) で割ったものである。・・・最後に、科学者たちは宇宙の年齢は約140億年と推定している。つまり、宇宙自体は1025秒より何百万倍も若いということである。ここで、宇宙で起こる物理的な出来事は、少なくとも1つの素粒子の移行を必要とすると仮定すると (もちろん、ほとんどの出来事はもっと多くの素粒子を必要とする)、この宇宙におけるこれらの限界は、宇宙の歴史を通じて事象の総数が1080×1045×1025=10150を超えることはなかったということを示唆する。

 

つまり、確率が10150分の1以下の特定の事象は、たとえ宇宙のあらゆる場所ですべての瞬間にサイコロを振ったとしても、ありそうにないことに変わりはないということである。この宇宙は、このようにありそうにない特定の事象をランダムに発生させる現実的な機会を得るためにサイコロを何度も振るほど、大きくも速くも古くもない。

― ウィリアム・デムスキーとジョナサン・ウィット、『INTELLIGENT DESIGN UNCENSORED: AN EASY-TO-UNDERSTAND GUIDE TO THE CONTROVERSY』、68‐69ページ (Intervarsity Press、2010年)

 

もちろん、10150は宇宙全体の「確率の限界」を表していますが、宇宙の異なったゾーンで利用可能な素粒子の数や時間を考慮すると、以下のような確率の限界と、それらが表す情報量 (ビット単位) が得られます。

  • 普遍的確率限界: 10-150 (498ビット)
  • 銀河系確率限界: 10-96 (319ビット)
  • 太陽系確率限界: 10-85 (282ビット)
  • 地球確率限界: 10-70 (232ビット)

デザインを検出するための測定方法

なぜ、このような確率限界が重要なのでしょうか?それは、様々な自然現象が機械的な原因だけで発生する確率を測定し、その確率を複雑で特定された情報量としてビット単位で換算することができるからです。そして、その結果を (上記のような) 様々な確率限界と比較できます。適切な確率限界を適用することで、その構造が自然に発生するのに十分な確率的リソースがあるかどうかを判定できます。別の言い方をすれば、その構造が自然な手段に起源を持っていそうかどうかを判定できます。

 

構造が発生する可能性が関連する確率限界を下回る場合 (別の言い方をすれば、そのCSIの中身が自然の過程の情報生成力の計算上の限界を上回る場合)、その構造の唯物論的な起源は事実上反証されます。もし、ビット数が関連する確率限界を超えていれば、インテリジェントデザインが非常によく証明されることになります。

 

簡単な例を挙げましょう。ダグラス・アックスのタンパク質に関する研究によると、ランダムなアミノ酸の配列から機能的なβラクタマーゼ酵素が生じる可能性は1074分の1以下であることがわかりました。これは、245ビットのCSIに相当します。この特徴は地球上で生じたものでなければならないので、自然の原因が行えることを理解するには、地球確率限界が適切な閾値となります。地球の確率限界は10-70 (または232ビット) です。したがって、βラクタマーゼ酵素のCSIの量は、地球確率限界を超えていることになります。最良の説明はデザインです。

 

そして、この方法はインテリジェントデザインを単にダーウィン的進化やその他の自然のメカニズムに対する否定的な論拠にするものではないことに注意してください。デザインを推論するためには、高いCSIを含む配列が特定されたコードや文字 (例えば、コンピュータプログラムや書かれた言語) は、常に知的な精神から来るものであるという現代の観察に基づいた、肯定的な論拠が必要です。このように、私たちがデザインを推論する際には、基本的に、知的行為者がCSIの高いコードを作り出すという経験と観察に基づいています。これはまさに私たちが生物のDNAの中に見出すことができるものです。

 

確かに、試験管の中でインテリジェントデザインを直接「測定」することはありません。しかし、測定や計算を使ってデザインを検出することはできます。ある構造が、その構造の自然主義的起源が利用可能な関連する確率的リソースよりも多くのCSIを含んでいることを計算・測定し、知的行為者がまさにそのようなCSIに富む特徴を産み出すことを経験から知っていれば、デザインを検出することができます。