Japanese Translation of EVOLUTION NEWS & SCIENCE TODAY

https://evolutionnews.org/ の記事を日本語に翻訳します。

2024-01-01から1年間の記事一覧

進化は私たちに自由意志を与えることができただろうか?

ある片隅からは、自由意志は物質化されれば、あるいはお好みなら「進化させられれば」、存在し得るだろうということが聞こえてきます。

ツアー-クローニン討論: カリスマが勝利を収めるのか?

ツアーはラウンドテーブルで過度に攻撃的だったのでしょうか?このイベントを視聴し、そして再視聴した私は、そのようなことはまったくなかったと思います。

ロジャー・ペンローズとファインチューニングについて付け加えること

ペンローズは、私たちの宇宙で見られるようなファインチューニングがなくても、ひょっとすると何らかの非常に異なる種類の生命は存在し得たかもしれない、ということだけをデザインに代わるものとして提示しています。

生命の起源について、インテリジェントデザインが主流科学に与える影響の尺度

ザビエル博士はIDを拒絶していますが、IDの本は「人々が無かったことにしようとしているたくさんの疑問を本当に暴露している」ので、「できる限り全員」に推薦しています。

ファインチューニングにもかかわらず、ロジャー・ペンローズはインテリジェントデザインについて「不可知論者」である

ほぼすべての自然の基本的なパラメータに極小の変化があっても、安定した星のない宇宙、あるいは星がまったくない宇宙につながったでしょう。

もう1つの言論戦: ハーバードでのジム・ツアーとリー・クローニン

ツアーは怒鳴りませんでした。彼は誰も 「愚か」とは呼びませんでした。彼は決してクローニンを「悪い化学者」と呼びませんでした。そして、ツアーの科学的な挑戦はまったく合理的なものでした。

ホモ・ナレディが死者を埋葬し、ロックアートを作り、火を使ったという主張を学術誌が却下する

リー・バーガー率いる研究者たちは、Netflixのドキュメンタリーの中で、この種は死者を埋葬し、火を使い、道具を使い、ロックアートを作ったと主張しました。

自然の驚異 — 2人の科学者の物語

チャールズ・ダーウィンは「荘厳」への感受性が自身の内で萎縮したことに気づいたと記述しました。

ハーバードでのクローニンとツアー: 研究者たちがデザインを理論に紛れ込ませる方法

クローニンは、生命の起源を理解するための枠組みとして「アセンブリ理論」を提示しました。私は、彼の意図しない方向で彼は正しいと信じています。

化石の金曜日: 恐竜が鳥の祖先であることを否定する新たな証拠

鳥類の想定される祖先が二足歩行の恐竜であるというものほど、一般の人々の間で人気となっている進化生物学の仮説はほとんどありません。

システム生物学が生命の複雑さを解読する — CELSからの報告

クジラの「痕跡的な」骨盤骨という大切にされてきた進化論的物語は、信用を失った進化のイコンの増大する山に加わっています。

ヒトの痕跡器官: ダーウィン的思考におけるいくつかの矛盾

これらの器官のうち前腎は、ヒトは「正真正銘の歩く古美術館」であるという主張の傑出した例証とされていました。

クローニン-ツアー討論についていくつか思うこと

化学的・生物学的進化論の無誘導過程の下で、生命とその活動を明確に識別する複雑さの閾値があることは期待されるべきなのでしょうか?

今すぐご覧ください: ハーバードでのツアーとクローニン

なによりも、リー・クローニンが姿を現したことを大いに支持します。勇気が要ることでした。彼は私の称賛を勝ち得ました。

科学の進歩を促すのはダーウィニズムではなくインテリジェントデザイン

このリストは、科学が知識を生成するのをインテリジェントデザインが助けている様々な分野を示している。

生命の起源についてのポール・リマーの見解のさらなる科学的問題

自然発生する自己組織化は生命システムの秩序とは根本的に異なります。

スティーヴン・メイヤーとスペンサー・クラヴァン、「自然の書」について: 著者は存在するのか?

ダーウィン的唯物論によって敵対的に掌握されるまでは、インテリジェントデザインが自然と宇宙についての既定の理解でした。

ベーエの仕事についてファリーナに答える: 『Darwin Devolves』

ファリーナ氏は独り善がりな慇懃無礼さと恩着せがましい態度にもかかわらず、ベーエ博士の命題へのに対する信頼できる批判を行うことができていません。

ビッグバンは2つのテストを乗り切る

M92は、天の川銀河にある約160の既知の球状星団の1つで、約33万個の星を含むと推定されています。